2014年11月30日

成長需要

おはようございます。三ツ矢事務所です。

いよいよ11月も終わり、師走がやってまいります。「謂れ無き解散」などマスコミは政権攻撃を強めていますが、政府が国民生活の根幹に関わる政策を実行に移す際に、国民の信託を得ることがそう悪いことだとは思いません。

さて、アベノミクス第一、第二の矢は成功を収め、株価だけでなく、正規、非正規の問題はあるものの、雇用状況も着実に改善しています。問題の第三の矢『成長戦略』ですが、もう高度経済成長期のような成長を求める事は難しいかもしてませんが、成長の鍵はこんなところに眠っているのではないでしょうか。

【のりおの声】
日本はこれからどうやって成長を確保していくのか、人口が減少し、高齢化が進む中で、成長のエンジンを何に求めていくのかを最近しきりと考えるようになりました。需要が増えなければ成長しない。自動車も家電も買い替え需要くらいしかないし、住宅もそうでしょう。食べる物も人間の頭数と食欲に限界がある限りむしろ減少していく。では着る物はどうか、男は毎年流行のものを買い替えて着るわけではないですが、これに関しては女性の洋服に対する需要は限界がないのかもしれません。もう一つは、高齢者の教育需要が増えるのではないかという気がします。私に限らず、「ああ、若いうちにもっと勉強しておけばよかったなあ」という声を、特に団塊の世代の人たちの間でよく耳にします。これは相当高いニーズがあるのではないでしょうか。しかも定年退職してから、また学校に通うというのは精神的にも肉体的にも元気を取り戻すことにもなるのではないでしょうか。
 他にもまだあるのかもしれませんが、少なくともこの二つの分野はまだまだ日本では需要が増える可能性があると思います。
posted by 三ツ矢憲生 at 10:34| 政治 

2014年11月25日

外宮参道

こんにちは、三ツ矢事務所です。

本日、三ツ矢のりお後援会のフェイスブックページが始動しました。ブログの更新同様にこちらもよろしくお願い致します。

さて、11月の3連休はとても良いお天気に恵まれ、事務所のある伊勢も大いに賑わいました。
三ツ矢は昨日、支援者の皆様と外宮参道を視察し、挨拶をさせていただきました。
IMG_8694.JPG
また、この11月1日にオープンした金近(外宮参道のギャラリー、歴史写真展)にも寄らせていただきました。
ここでは、神宮に関連する作品の展示や、外宮参道の歴史を物語る貴重な写真が展示されていました。
IMG_8701.JPG
外宮参道は昭和58年に全国に先駆けて電線の地中化がなされ、愛称をコミュニティー道路と改め親しまれていましたが、平成18年に石畳に改め、神宮に因んだ外宮参道という愛称が復活しました。
同じく平成18年、自民党政権下で「観光立国推進基本法」が制定されました。今まで国家的課題として捉えられてこなかった観光分野に、戦略的に政策資源を投下する目的で平成20年に観光庁が置かれました。

その成果に関しては先日のブログ【解散】でも触れました。
観光分野でも、三ツ矢の見識や経験が政策に活かされるようこれからも精進してまいります。
posted by 三ツ矢憲生 at 14:24| Comment(0) | 活動報告

2014年11月24日

重複立候補辞退

おはようございます三ツ矢事務所です。

昨日は、事務所の開所式、記者会見や政見放送の録画などがあり、また、支持者の皆様に今回の選挙に臨んでの決意表明を行いました。
IMG_8671.JPG
今朝の中日新聞三重版でも報道されましたが、三ツ矢は今回も比例重複立候補を辞退する意向です。
衆議院議員の事を代議士と呼びます。これは読んで字のごとく【代わりに議論する人】という意味です。誰の代わりなのかと言えば、それは主権者である国民の皆様です。
地域の代表として選ばれる小選挙区選出の衆議院議員として仕事をしていく以上は1人でも多くの方々から信任を得たいという三ツ矢の信念で、過去2回の選挙でも重複立候補はしませんでした。

さて、記者会見で議員の仕事として心がけている事を質問された三ツ矢は、自分の仕事を釣りに例え、議員が地域に貢献できることは、「釣り竿を用意すること」と答えました。
自民党の政治は過去において「魚を配る事」に重点が置かれていることがありましたが、「魚」は食べれば無くなってしまいます。地域に利益誘導をしても、その事業が終わってしまえばまた次の「魚」を探し配らなければならず、きりがありません。
しかし、「釣り竿」を用意すれば、あとは地域の努力によって魚を獲ることができます。

自民党が進める「地方創生」はこういった考えに基づいて成されるべきではないでしょうか。
posted by 三ツ矢憲生 at 09:39| Comment(0) | 選挙