2019年10月31日

10月の活動報告

こんにちは、三ッ矢事務所です。


今般の台風19号に伴う記録的な豪雨、突風、河川の氾濫、土砂災害等により、尊い命が失われるなど甚大な被害が発生しました。お亡くなりになられた方々に心からお悔やみ申し上げるとともに、全ての被災者の皆様にお見舞い申し上げます。





10月の活動報告をいたします。

今月は5日(土)と6日(日)に地元入りいたしました。一方東京では、23日(水)に農林水産省にて要望活動を行いました。





10月5日(土)
志摩市 神明真珠養殖漁協事務所にて「アコヤガイ大量 へい死に関する意見交換会」を実施いたしました。
養殖業者の方々から真珠養殖の現状や様々なご意見を伺いました。三ッ矢からは、まず大量死の原因を究明することが解決策への糸口だと認識を示し、また、鈴木英敬知事とも協議し、県と綿密に連携をして対応を進めたいとご説明させていただきました。さらに、国では水産庁とも対応を協議したいとお伝えいたしました。



「アコヤガイ大量 へい死に関する意見交換会」
DSCF0371a.JPG


DSCF0391b.JPG


DSCF0404c.JPG







10月6日(日)
自民党三重県連主催の「政経セミナー」を開催いたしました。
今年度政経セミナーの講師には小渕優子衆議院議員をお招きいたしました。
多くの党員・党友の皆様にお越しいただきありがとうございました。




「自民党三重県連 政経セミナー」
DSCF0456d.JPG


DSCF0454aa.JPG


DSCF0479e.JPG


DSCF0480aa.JPG


DSCF0510f.JPG


DSCF0511g.JPG


DSCF0534aa.JPG







10月23日(水)【東京】
三ッ矢は、鈴木知事・竹内志摩市長・小山南伊勢町長、そして田村代議士と共に農林水産省を訪れ、伊東副大臣に対し「アコヤガイのへい死等の対策に関する要望書」を提出いたしました。
 
要望内容は大きく三つとなります。
 
@原因究明
 アコヤガイの大量死の発生状況や原因究明を国が主導すること。
 
A優良なアコヤガイ稚貝の安定生産
 稚貝の安定生産へ向けた各産地の連携体制づくりを国が進めるこ と。
 
B経営安定対策
 漁業共済制度の見直し(拡充)を行うこと。
 
 
以上の要望をしっかりと国へお伝えさせていただきました。
 
 
本年7月頃よりアコヤガイの大量死が確認されました。
県が対応しているのと同時に、三ッ矢も意見交換会を実施し、地元養殖業者の方々から貴重なご意見等をお預かりいたしました。
引き続き、地元首長と共に連携し対応してまいります。



「農林水産省 伊東副大臣に対し、アコヤガイのへい死等の対策に関する要望書提出」
IMG_6186h.JPG


IMG_6198i.JPG






ありがとうございました。
posted by 三ッ矢憲生 at 10:10| 活動報告

2019年10月15日

台風19号関連

今般の台風19号に伴う記録的な豪雨、突風、河川の氾濫、土砂災害等により、尊い命が失われるなど甚大な被害が発生しました。お亡くなりになられた方々に心からお悔やみ申し上げるとともに、全ての被災者の皆様にお見舞い申し上げます。
被災地域の一日でも早い復旧・復興・安心と、穏やかな暮らしをお届けできるよう、市町や県、国などと綿密に連携しながら取り組んでまいります。


衆議院議員
三ッ矢のりお事務所
posted by 三ッ矢憲生 at 10:23| その他