2014年11月22日

新嘗祭

おはようございます、三ツ矢事務所です。
明日、11月23日は勤労感謝の日ですが、昭和22年までは新嘗祭の祝日でした。
その後の1年間の蓄えであり、国民を養う大切な資源である五穀の収穫に感謝する祭祀で、飛鳥時代から続いており、伊勢神宮では、10月の神嘗祭に並び最も重要な祭祀でもあります。
DSC_1753.JPG
さて、昨日衆議院が解散されました。
いわゆるアベノミクスの三本の矢(金融緩和、財政出動、成長戦略)は効果を発揮し、民主党政権下で一向に改善されなかった円高、株安は解消され、雇用状況も2年前の11月に4.1%あった完全失業率が今年9月には3.6%にまで改善されました。

この政策に関して、三ツ矢は昨年三月の「のりおの声」で

「アベノミクス効果とやらで、株価は上がり、円は安くなり、少し気分的には日本経済も上向きになりかけているようなムードになっています。この政策の柱がいわゆる三本の矢(大胆な金融政策、機動的な財政出動、成長戦略)であることはご存じのとおりです。一番目と二番目はいわばカンフル剤的な政策。三番目が体力を強化するための政策です。しかし、これが一番難しいのは言うまでもありません。日本の経済を再び成長路線に乗せられるような技術革新ができるのか、私にはまだ分かりません。(中略)日本が世界に貢献でき、しかも日本の経済成長に資するような技術開発は、特に環境や医療、防災などの面でいくつもあるのではないでしょうか。
 日本人のきめ細かい気配りや几帳面さといった、言ってみれば日本の文化を活かした技術を世界に売り込んでいく時代に入ってきているのではないかと思います。
 日本の成長戦略とは、これからはすなわち文化戦略ではないのかなあと最近つくづく考えさせられています。」
 全文はこちら http://www.mitsuya-norio.com/voice2013.html(公式HP)

と述べています。

20年以上もデフレ不況に苦しんだこの国の成長戦略が簡単に起動に乗るとは思えませんが、少なくと国民の生活の根幹に関わる税の問題で国民に信を問うことが、憲政の道から外れているとは思えません。

税という字は、稲などの穀物から成り立っており、稲の初穂を、穂のまま青竹にかけて神に供えたものを、懸稲、神税(かんちから)と言います。今回の選挙も、五穀の豊穣に感謝するお祭りに際し、私達の生活に欠かせない税に関して考える良い機会ではないでしょうか。

三ツ矢は本日、新嘗祭に先立って、志摩の神宮別宮、伊雑宮のお白石行事に参列しています。
日本の良き伝統を守り、伝え、成長につなげていけるよう、これから、皆様に自らの信念を伝えて行きたいと思います。
タグ:解散 新嘗祭
posted by 三ッ矢憲生 at 10:50| Comment(0) | 政治 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: