2018年12月30日

12月の活動報告

こんにちは、三ッ矢事務所です。

12月の活動報告をいたします。
12月1日(土)、2日(日)、15日(土)に地元入りいたしました。


12月1日(土)
紀宝町・御浜町にて熊野南郡にて自民党紀宝町支部・御浜町支部総会後に国政報告会を開催し、お集まりいただいた皆様に近況・国政報告並びに高規格道路の御浜町〜紀宝町の未事業化区間の進捗状況等を中心にご報告させていただきました。


「自民党紀宝町支部総会・国政報告会」
DSCF6572a.JPG


「自民党御浜町支部総会・国政報告会」
DSCF6601b.JPG




国政報告会終了後は熊野市紀和町へ移動し紀和明倫会(三ッ矢のりお後援会)役員の方々と懇談会を行いました。その後、熊野市内にて三重県建設業協会熊野支部役員・会員の皆様との懇談会に出席し、近況・国政報告を行い、同じく高規格道路の御浜町〜紀宝町の未事業化区間や大泊〜久生屋間の進捗状況等を中心にご報告させていただきました。
また、支部総会・国政報告会、懇談会の準備・設営やお声掛けいただきました関係各位の皆様へ御礼申し上げます。


「紀和明倫会 堀会長と懇談」
IMG_4007c.JPG


「三重県建設業協会熊野支部の皆様と記念撮影」
DSCF6642ad.jpg





12月2日(日)
志摩市にて三ッ矢のりお後援会 志摩ブロック役員忘年・懇親会を開催いたしました。役員20名のもと、三ッ矢より近況・国政報告や来年夏の参院選へ向けた取組み等をご説明させていただきました。


「役員会にて国政報告」
IMG_4031a.jpg






12月15日(土)
尾鷲市にて「熊野尾鷲道路U期 尾鷲第4トンネル着工式」に出席いたしました。
尾鷲第4トンネルは、熊野側の坑口付近が砕石山に位置しており、事業化前は採掘される前の地形で工事設計がされておりました。しかし、トンネル工事着手段階では、採掘山の形状が大きく変わっており、坑口付近は跡地処理のため埋土状況であることが判明しました。未転圧の埋土部にトンネルを施工するためには、対策工事(薬液注入工)を行い埋土部を改良する必要がありました。今年春より薬剤注入工事が行われ、秋に薬剤注入工事が完了しました。工期に多少の遅れが生じたものの、ようやく着工となり尾鷲北IC〜尾鷲南IC間(延長5.4km)を2021年三重とこわか国体までの開通を目指し工事を進めてまいります。また、近畿自動車紀勢線、国道42号熊野尾鷲道路と一体となって、南海トラフ巨大地震における広域的防災に資する道路ネットワークの強化、ミッシングリンク解消により想定される津波浸水被害などの際、地域の孤立化を防ぐほか、避難や物資輸送など防災機能が強化され、緊急医療活動での搬送時間の短縮等などの効果が期待されています。


「鍬入れ」
DSCF6680e.JPG


「進捗状況等の説明を受ける」
DSCF6691f.JPG



着工式終了後、伊勢市へ戻り、三ッ矢事務所にて「伊勢のぞみ会 役員会」へ出席いたしました。役員会では来年夏の参議院選挙へ向けた取組み等を議論し、三ッ矢より現状報告などを行い意見交換いたしました。

「伊勢のぞみ会役員会にて」
DSCF6717g.JPG





最後に、平成最後の年末となり来年はいよいよ新元号となります。
三ッ矢憲生は平成15年の衆議院議員初当選以来、今年で15年目を迎えました。これもひとえに皆様のご支援があっての15年間と感謝いたしております。
今後も選挙区の皆様お一人おひとりのお支えをいただき、三ッ矢憲生は国政の場でしっかりと務めを果たしていく所存です。

新年を迎えるにあたり、皆様のご多幸とご健康をお祈り申し上げ、12月の活動報告といたします。2019年もよろしくお願いいたします。


ありがとうございました。
posted by 三ッ矢憲生 at 11:39| 活動報告