2020年04月02日

3月の活動報告

こんにちは、三ッ矢事務所です。
3月の活動報告をいたします。


3月14日(土)
津市自民党県連にて「定例役員会」へ県連会長として出席いたしました。
三ッ矢より先般、政府での新型コロナウイルス感染症対策本部にて決定した基本方針、感染拡大防止策、経済対策等を改めて説明したのち、三重県での現状・対策の報告を受けました。また、県内CSF(豚コレラ)・ASF(アフリカ豚熱)の感染拡大防止・侵入防止策の取組状況と課題、今後の対応方針につても議題となりました。
自民党三重県連におきましても引続き、政府・地方自治体・関係機関と連携し、収束に向け取り組んでいくことを確認いたしました。



「三役会」
DSCF1947a.JPG




「定例役員会」
DSCF1973b.JPG


DSCF1969c.JPG







3月27日に参議院本会議において、令和2年度予算が可決、成立いたしました。
また、新型コロナウイルス感染症の拡大に対応するため、政府では経済対策を盛り込んだ令和2年度補正予算を早期に成立させる方針となりました。補正予算編成に向け自民党政務調査会におきましたは、補正予算の提言を3月31日に政府へ行いました。



提言の概要は下記の通りとなります。
詳しくは自民党HPに掲載しておりますのでご覧ください。



【緊急経済対策第3弾への提言〜未曾有の国難から「命を守り、生活を守る」ために〜】

令和2年4月に政府が取りまとめる経済対策、令和2年度補正予算に向け、党の考えを取りまとめた提言。

対策の段階を
(1)感染拡大抑制期
(2)反転攻勢期
(3)新たな経済社会を見据えた対応
の3段階に分類し、感染拡大防止策をはじめ、国民の暮らし、雇用や企業を支え、守るための取組み、経済に発力を取組むための施策など10項目を政府に求めています。

■提言はこちらより(PDF)
https://www.jimin.jp/news/policy/200009.html

posted by 三ッ矢憲生 at 15:19| 活動報告