2011年11月10日

【命の道】

こんにちは、三ツ矢事務所です。

 11月9日(水)は、近畿自動車道紀勢線(熊野市〜新宮市間)建設促進期成同盟の皆様との会合を持ちました。

 いわゆる『命の道』に関しては、過去にもブログや『のりおの声』を通じて発信して参りました。三重県の東紀州地域から和歌山県に通じる高速道路は、何も産業や観光目的のみならず、緊急車両の通行や災害発生時の物資等の搬入、避難道として重要だと主張し、現在断続的に熊野市大泊町までの開通が決定しております。

民主党政権では、経済効率や費用対効果ばかりを重視し、『コンクリートから人へ』のスローガンの下、公共工事関連予算を大幅に削ってしまいましたが、皮肉にも3月11日の東日本大震災や9月の台風12号の被害が日頃から三ツ矢の主張する『命を守るコンクリート』の重要性を浮き彫りにしてしまいました。
DSC02592.JPG
今般の台風12号により、県下で最大の被災地となった地域だけに、「命の道」というべき高速道路の建設は、当地の人々にとって、数十年来の悲願であります。
三ツ矢も、三重県のみならず、同じく被災地となった和歌山県、奈良県の国会議員の先生方と連携し、建設の早期実現に向けて、鋭意努力していくことを約束しました。

さて、翌日には、台風12号被災3県打合せ会合が、第一議員会館会議室で行われました。これは、三重・和歌山・奈良三県の自民公明を中心とした国会議員が、直接各省庁から、復旧復興の進捗状況を聞くと共に、地元の要望を迅速に反映させる会合です。
P1010200_1_1.JPG 
国交省・農水省・厚労省・内閣府・文科省等の担当官が出席し、鉄道・道路、農地や学校、福祉施設の復旧状況を説明しました。

先日も、紀宝町を視察する機会がありましたが、現地では未だに避難生活を余儀なくされている方もみえます。三ツ矢からは復旧のための諸施策が滞っているとの地元からの報告を受け、迅速な対応を求めました。流木や土砂に埋まった農地の回復への取り組み、農協のライスセンターの復旧支援等を要請するとともに、紀勢自動車道など、紀伊半島を繋ぐ道路の早期整備を強く求めました。
posted by 三ッ矢憲生 at 00:00| Comment(0) | 東紀州
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: