2012年03月08日

【24年度予算 本会議】

こんにちは、三ツ矢事務所です。

本日、衆議院本会議にて来年度予算の採決がありました。昨日お知らせしたように、三ツ矢も壇上に立ち、民主党案に反対、自民党案に賛成の立場で討論を行いました。
3月8日 本会議.png

自民党の予算案

自民党は東日本復興関連の予算案には賛成なので、分割採決を提案しましたが、拒否されてしまったため予算案全体に反対せざるを得ない事を申し添えた上で、国土強靭化や、自助、共助、公助の理念に沿った社会保障の見直しなど、総額1兆円程スリムな予算案に賛成の討論をいたしました。

自由民主党の基本姿勢

一、国民に誠実に真実を語り、勇気を持って決断する政治

一、憲法を改正し、日本らしい日本を確立する

一、自己責任原則の下、個人の自由、民間の活力、地方の判断を尊重する国創り

一、地域社会を再生し、日本の美しい自然を護る

一、家族、地域、国との絆を大切にする有徳で勤勉な国民を育む教育

一、人類共通の価値に貢献する外交。日米関係を基軸とし、アジアの安定・繁栄の先頭に立つ

一、自助を基本とし、共助・公助はそれを補うとの考えで、社会政策、経済政策を行う

一、経済の再生と成長のため、研究・技術開発の推進、一極集中の是正など強靭な国土造りにより、需要と雇用を創出する

一、デフレからの脱却、財政効率化、税制改正により、財政を再建し、次世代への責任を果たす

最後に、ローマ帝国の滅亡を例にあげ、自立を促す政策の重要性を述べ、討論を終えました。

実質96兆円強となる予算は、与党によって衆院を通過しましたが、税収の倍以上の予算を如何に使うのか、国民の所得を増やして、税収を増やす考え方をしなければ、消費税が何%に上がった所で、追いつくはずはありません。
三ツ矢は、政務調査会で上記の基本方針に則って、頑張る人の報われる社会の実現を目指す政策を取りまとめていきます。
皆様の一層の御支援を賜り、なんとか日本という車にエンジンをかけていきたいと思います。
posted by 三ッ矢憲生 at 18:33| Comment(2) | 政治 

2011年11月18日

【航空問題PT】

こんにちは三ツ矢事務所です。

11月17日(木)、三ツ矢が座長を務める自民党国土交通部会航空問題PT(プロジェクトチーム)第1回会合が、党本部で開催されました。

国土交通省航空局の担当者から、

@オープンスカイの進捗と今後ついて
A空港のあり方検討会の状況についての説明

 があり、その後国会議員との質疑応答がありました。

オープンスカイとは、航空会社数、路線及び便数にかかわる制限を二国間で相互に撤廃することをいい、これは、世界からヒト・モノ・カネの流れを呼び込み、航空自由化をすすめて、経済の活性化を推進しようとするものです。

航空問題PT2.png

三ツ矢からは、

@「日本の国益という観点から、日本の航空行政が行っている過度の規制を緩和しないと外国のLCC(格安航空会社)等との対等な競争力が図られない」

A「離島航路については、国の援助がなければ、各航空会社はコストにたえきれず、将来廃止される危険もある。」

B「地方空港の民営化は、着陸料等の値上げにつながり、航空会社ひいては利用者の負担が増す」

等の指摘をしました。


posted by 三ッ矢憲生 at 09:49| Comment(0) | 政治 

2011年10月27日

【衆議院外交委員会 TPPを斬る】

おはようございます。三ツ矢事務所です。

昨年、谷垣総裁補佐の副幹事長に就任して以来、主に党務の仕事が中心で、民主党との大連立阻止などに尽力していた三ツ矢ですが、今回の人事で、衆議院外務委員会の理事、財務金融委員会委員の仕事が追加され、ますます大忙しの毎日です。

昨日は外務委員会で50分の持ち時間で玄葉外務大臣に質問。

インターネットでは中継され、「三ツ矢さん刑事みたいだ!」との感想が流れました。

外交委員会2.png

玄葉大臣の外交姿勢を問いつつ、TPPへの交渉参加を質しました。
マニフェストにも掲げていないTPPに早急に参加すべき、バスに乗り遅れるという話はおかしく、また、情報を得るために交渉に参加するという話が本当であるならば、それは外務省の怠慢であると指摘。
いったん交渉に入りながら途中で離脱するというのは、入学前に中途退学をほのめかすようで、国際社会の信頼を失い国益に反すると厳しく追求しました。

三ツ矢はTPPへの安易な参加は、経済だけでなく日本文化そのものを破壊しかねないと指摘しました。

外交委員会.png

posted by 三ッ矢憲生 at 10:22| Comment(0) | 政治